税理士になろう!!

税理士

・税務書類の作成

税務書類の作成とは、税務官公署に対する申告書、申請書、請求書、不服申立てその他の提出書類等を作成することです。

税務に関する提出書類には、いろいろな種類があり、その他に附属書類や計算書を添付する事が必要なものがあります。

また、税の特典を受けるためには、多数の書類を作成したり添付しなければならない場合もあります。これらをすべて満たすような書類を作成するのは、一般の方々にはなかなか難しいこともあります。納税者に代わって税理士が税務書類の作成ついて、お手伝いをする事になります。

 

・税務相談

納税者が税金についての申告や主張・陳述、又は申告書の作成に関して、疑問に思ったり、分らないことについては、税理士が相談に応じてくれます。このことを税務相談といっています。

身近な例としては、マイホームの取得についてどのような税金関係が生じるかとか、共働きの夫婦がマイホームを買い替えたいが、どのようにすれば一番有利かとかなどの相談事項もよくあるようです。税理士は納税者の立場になって、納税者の受けることのできる税の特典を生かすよう相談に応じてくれます。

 

・会計業務

税理士は、税理士業務に付随して財務書類(決算書等)の作成、会計帳簿の記帳の代行(元帳や試算表の作成)、その他財務に関する事務(財務に関する立案、相談、金融機関等に届ける会計書類の作成など)をします。

最近ではパソコンの普及が進み御自身で試算表等を作成したり、作成しようと試みる納税者が増えつつあり、パソコンの導入や会計ソフトの導入指導、入力されたデータの検証などを行う機会が、増えているようです。

Valuable information

ネクサー
http://www.nexer-supportweb.com/

2016/8/18 更新

コピーライト